--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'09.10.23:28

バスケ男子日本代表候補発表だが。

JABBAのサイトで12月に香港で行われる第5回東アジア競技大会の代表候補が発表されてます。
小野ジャパン、なのかな。

えらい若返りですな。
19名中、代表候補初選出が10名と半数以上。
ベテラン選手は1人もいません。
誰が代表を選んでも入ってきそうなのは竹内ツインズしかいません。
田臥も川村も、最近お馴染みの柏木、五十嵐、伊藤、山田、網野、、、誰一人いません。

見た感じ、今回の代表は現段階の最強のチームではありません。
更にきつい言い方をするのであれば、将来に最強のチームを作る為の布石と言うわけでもなさそうです。
東アジア競技大会ってのは、消化試合ならぬ、消化大会なのかな?と思ってしまいます。
代表常連選手にも休息が必要っていう理由もあるのかもしれませんが、個人的には納得の出来る理由ではありません。

リストを見てみると、84年生まれの世代(石崎(東芝)、正中(トヨタ)、岡田(トヨタ)他)が最年長で、一番下が87年1月生まれの荒尾(トヨタ)と、学年で言えば3学年に収まります。
これだと初選出が多いとは言え、世代別の代表等で一緒にプレイした機会も多いでしょうし、連携面での影響は少ないのかも知れません。
って言っても、やっぱりこれだけメンツを入れ替えたのだから、協会にはそれに対する説明を開示頂きたいところです、、、先の計画も含めて、、、ね。

東アジア競技大会に出ることや、この大会で勝ち上がることにこれと言った意義がないのかも知れませんが、数少ない国際舞台を踏めるチャンスではありますし、他国が本腰を入れる大会でない(のかも知れない)にしろ、アジア10位の弱小国として、強化の為に有効に活躍して欲しいもんです。

この大会の開催時期にはJBLも試合がないスケジュールを折角組んである訳ですし。
世代交代を進めるにしても、代表の中心となる選手も集めた上で新たな選手を交えた選出、ってのが自然な流れだと思います。
協会も今後の強化に対するやる気がないんでしょうかね。
まぁ色々と難しい問題もあるんでしょうが、、、腰の重さというか、問題認識能力の欠如なのか解決する能力の欠如なのか、、、その辺りが日本がアジアですら上位に入れない原因の一つなんでしょう。

この有様では、小野ジャパンってのもやっぱり暫定政権なんでしょうね。
ちょっと前の自民党みたく、コロコロと頭が替わるってのは勘弁いただきたいのですが。
個人的には、代表監督としてバスケ先進国出身の実績ある監督と、その監督をよく知り上手くサポートできるコーチをどこかから早く引っ張ってきて欲しいです。
そして次なるアジア選手権(2011年、2013年)、オリンピック(2012年@イギリス・ロンドン)、世界選手権(2014年@スペイン)に向けた計画的な強化を図って欲しいもんです。

現在、秘密裏に協会が頑張ってくれている事を祈ります。

日本のバスケトラックバック(0)  コメント(0)
2009'08.12.17:48

アジア選手権:ちーん。

本日の台北戦が終わってしまいました。
結論から言いますと、日本敗退。。。
公式サイトのスタッツを見たのみでカキコします。

日本は試合開始直後こそリードを奪うものの1stQtr4:20で逆転を許し、その後1度も追いつくことなく最終的には79-99の20点差で負けてしまいました。
特に3rdQtrの10-24が痛いっすね。

3Pが入んなかったみたいですね。
折茂が37分プレイして15pts取ったものの、3Pが0/9=0%!!!
岡田は4分しかプレイさせて貰えずフィールドゴールは3Pが0/1のみで0pts。
折茂の0/9はいただけないなぁ。。。
結果論だけど岡田にもっとプレイさせてあげられなかったのか?

あとチームスタッツで見てみると、リバウンドでまず負け(日本31、台北43)、そしてTOは日本は11と多くはないのですが、台北はたったの3!!
日本がリバウンドとTOで献上してしまった攻撃のチャンスを、台北が高いFG%で有効に使った結果がこの得点差ということのようです。
台北のFG%は2PFGが27/54=50%、3PFGが10/21=47.6%(!)でトータル49.3%です。
これでFTをもっと決められてたら、更に点差が開いてました。
よっぽど日本のディフェンスがショボかったのか。。。

選手のプレイタイムとか見てると、なんだか勝つ為の手を打ったのかどうなのかよくわからない感じもしますが、倉石HCがどんな采配を振るったのか。
(折茂の不調は仕方がないにしても、公輔の15分ってのは何でなんだろ??)

まぁ兎にも角にも、今夜のBSフジの放送を見て反省会したいと思います。

日本のバスケトラックバック(0)  コメント(0)
2009'08.11.22:57

宮地陽子さんの記事:代表とNBA挑戦の狭間で揺れる選手たち~田臥勇太、川村卓也、竹内譲次の夏。

先日書いたエントリ“男子日本代表選手選考:なんでなんやろなぁ。。。”で挙げた疑問の答えの一部がここにありました。

スポルティーバ公式サイト web Sportiva:
【バスケット】代表とNBA挑戦の狭間で揺れる選手たち~田臥勇太、川村卓也、竹内譲次の夏


宮地陽子さんはwebで雑誌で、色々な情報を開示して下さる非常にありがたい存在です。

ご興味のある方はチェックしてみて下さい。


※タイトルの宮地さんの漢字を間違っておりました。変換ミスってやつです。。。えらい失礼しました。

日本のバスケトラックバック(0)  コメント(0)
2009'08.11.22:48

アジア選手権:日本代表、首の皮一枚。

昨日のイラン戦ではキッチリ負けてしまった日本代表。
今日のクウェート戦は何とか勝ちを収めたそうです。
で、日本とグループEの4位争いをしている台北は韓国相手に競った試合をしたようですが、何とか韓国に負けてくれました。

ということで日本と台北は勝ち点が5で並び、得失点差で台北が4位、日本が5位となりました。
つまりは明日の台北戦に日本が勝てばめでたくグループEの4位となり、決勝トーナメントに進出することが出来ると言うわけです。

但し、台北は本日の韓国戦でも70-72と1ゴール差の非常に際どい試合をしてますし、プライマリラウンドのイラン戦でも67-71といい試合をしております。
韓国、イランに20点、30点と差をつけられて負けている日本に勝てるのか?と言われると非常に厳しいと言わざるを得ません。
因みに先日のウィリアムジョーンズカップで日本代表は台北代表のAチーム及びBチームと試合をしておりますが、Aチームに74-77で、Bチームに91-97で負けております。。。
Bチームとの試合はあの伝説の(?)5人試合なんで、参考にはなりませんが。
う~ん、ほんまに厳しいなぁ。
けど可能性は0%ではないはず。
頑張れ日本代表!

そう言えば日本代表メンバーですが、昨日のイラン戦、今日のクウェート戦で折茂が23分と30分プレイしています。
しかし桜井は未だDNP。
正中の登録も結局上手くいってないようです。

日本のバスケトラックバック(0)  コメント(0)
2009'08.09.10:42

アジア選手権:日本なんとかベスト8決定ラウンド進出。

スリランカに快勝しなんとかベスト8決定ラウンド進出。
日本は最後まで集中してプレイしていたようですね。
その点に関してはよくやりました。
ただTV観戦していた私の集中力は最後まで保ちませんでしたが。

で、ベスト8決定ラウンド進出って言っても、プライマリラウンドは“足切り”みたいなもんで、各グループの最弱の1チームをふるい落とす為だけのもの。
しかもベスト8決定ラウンドにはプライマリラウンドの成績も持ち越されるようで、日本は現在グループEの第5位。
依然、状況は相当厳しい。

▼09年8月9日現在のグループE順位表
090809_アジア選手権グループE順位表

ベスト8決定ラウンドで対戦するチームは、2位イラン、4位台北、6位クウェートの3ヶ国。
それら3ヶ国との試合で勝ち星を上げて、現在の上位4ヶ国(韓国、イラン、フィリピン、台北)を押しのけて4位以内に入らないと決勝トーナメントへは進めません。
条件が整えば日本は1勝のみで勝ち上がれる場合もありうりますが、2勝以上を目指すのが現実的でしょう。

8/10(月):vsイラン
8/11(火):vsクウェート
8/12(水):vs台北

日本のバスケトラックバック(0)  コメント(0)
2009'08.08.00:55

アジア選手権:日本vsフィリピン。

昨日の韓国戦の大惨敗に続き、日本は連敗。。。

日本69(22-19-12-16)
-フィリピン78(17-18-21-22)


前半は競ったゲームだったものの、後半突き放された形。
2PFGが30%(=15/50)っていうのが情けない。
せめて40%決めれたら競ったゲームになっていたはず。
難しいシュートまで決めろとは言わないが、イージーなジャンパーを外し過ぎた。
んでシュートの確率もさることながら、シュートのバリエーションがないなぁ。。。

後半は焦りなのか疲れなのか辛抱強いディフェンスが出来なくなり、フィリピンにイージーなシュートを作られる形が目立った。
逆に日本はディフェンスばかりかオフェンスも回らなくなり、苦しいシュートばかりに。
ガード陣のTOも気になった。

そしてファウル。
フィリピンは序盤こそ簡単にファウルを吹かれていたものの、後半は無駄なファウルがなくなった。
日本は無駄なファウルこそ少ないものの、そもそもファウル自体が少ない。
ルールで許された範囲内で有効にファウルを使えてない。

にしても、折茂が体調不良でベンチ外、正中は選手登録が上手くいってなくてこれまたベンチ外って。。。
体調不良って、、、こないだのウィリアム・ジョーンズカップでも痛い目を見たはず。
なぜ繰り返す??
んで、選手登録不備ってどういうこと???
ほんま、責任者呼んでこい!!って状況やで!!?

あ~ぁ辛いなぁ。。。
日本は何位に入れるのでしょうか?
ますますアジア(いや世界)で置いてけぼり感が強まってきます。。。

日本のバスケトラックバック(0)  コメント(0)
2009'08.06.22:25

記事紹介:変貌を続けるアジアの現状。

BASKETBALL ZINEから読める小永吉陽子さんのblog“LIVE BASKETBALL!”にて熱い記事がupされました。
と言っても過去に月刊バスケットボールにて掲載されたもののようです。

バスケ男子日本代表を応援されている方なら目を通してもよいのでは、と。
あぁ日本は置いてけぼり、って感じがして何か辛いなぁ。。。

変貌を続けるアジアの現状

日本のバスケトラックバック(0)  コメント(0)
Copyright © hige日記。. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。