--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'06.07.23:54

NBAファイナル第1戦:ORL@LAL。

う~ん、Lakers強いっすね!
けどMagicは実力を出し切れてないのかな??

Kobeのことはとりあえず置いといて(!)、Lakersはインサイドのディフェンスに成功しましたね。
BynumとGasolが代わりばんこでHowardについたディフェンスがまず効いてました。
Magicの他のプレイヤーにもインサイドで得点を取らせない。
お陰でMagicのFG%は30%をわずかに切っていました。。。
Kobe全開のLakersにこれじゃ勝てない。

あとやっぱりNelsonのプレイタイムが長いのが気になったなぁ。。。
先を見据えての起用というのもあるとは思うけど、良くない時間帯が長かったように感じました。
事前から言われてたことだけど、Alstonとの使い分けについてチーム内で意思疎通が図れていたのか(特にNelsonとAlston両者とVan Gundyとの間で理解し合えているのか)というのもやっぱり気になるところですが。
案の定、Alstonは試合後に文句を言ってたみたいだけど、それが残るシリーズに禍根を残さないことを祈ります。

Magic側からつらつらと書いていきますと、まずはHoward以外のプレイヤーがインサイドでの得点を増やす何かが必要ですね。
それに関してどないしたらええねん、と言われても具体的な案は出てこないのですが。。。
まずはMagic、硬い!
いつも通りのプレイをやってくれ!!

アウトサイドシュートは、第1戦で効果的に決めれていたかというとそうでもなかったですが、アテンプト(試投数)と3P%はだいたいいつも通りの数字を出せていると思います。
ただもう少しアテンプトを増やしてもいいのかも知れません。
それで成功すればインサイドアタックのとっかかりになりうるでしょうし。

ディフェンスに関しては、まずはプレイオフでこれまで見せたディフェンスを思い出せ、ってことでしょう。
これもいつも通りやれば、もっとLakersのオフェンスを困らせるはずです。
Kobeの得点を止めろと言われてもそれは難しいのかもしれませんが、LakersのチームFG%をもう少し抑えることは出来るはずです。

そしてオフェンスリバウンド。
MagicはLakersに取られすぎですね。(Magicが8に対し、Lakersは15)
これもこれまでのディフェンスを取り戻せれば、マシになるところでしょう。


と、Magic贔屓な感じで書き連ねましたが。。。
だってLakersが順当に勝っても面白くないし。。。

頑張れMagic!
せっかくのNBAファイナルなんだから第7戦までもつれ込みますように!!

NBAトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © hige日記。. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。