--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'09.14.17:18

bj大阪エヴェッサの08-09シーズン。

先日9/11の滋賀レイクスターズ@浜松・東三河フェニックスを皮切りに、とうとうbjもプレシーズンゲームが始まりました。
今日9/14は池田市五月山体育館にてフェニックス@大阪エヴェッサがあります。
私は残念ながら見に行けません。。。
見に行けば、今シーズンのエヴェッサを垣間見ることができるかもしれませんが。。。

まぁ行かないので垣間見ることはできませんが、想像することはできます!
ということで、今シーズンのエヴェッサを勝手に想像します!!
過去の数字を見たのみの、全くの妄想ではありますが。。。

今シーズンのロースターは以下の通り。

08-09 大阪エヴェッサ ロースター(08/9/14現在)

#

名前

pos

ht

wt

出身校

前所属

yrs

 

Justen Naughton

F

205

107

グランドバリー大

Hellin (ESP)

1

1

呉屋 貴教

G

190

85

日本大

富山グラウジーズ

1

7

今野 翔太

G

184

83

大阪学院大

-

2

8

堀川 竜一

F

191

85

京都産業大

埼玉ブロンコス

1

9

仲村 直人

G

192

84

日本体育大

富山グラウジーズ

3

10

波多野 和也

F

192

90

専修大

-

4

11

Nick Dewitz

F

200

95

オレゴン州立大

仙台89ERS

1

17

早川 大史

C

205

95

早稲田大

大分ヒートデビルズ

1

20

Nile Murry

G

193

93

テンプル大

Atomeromu (HUN)

1

34

Eric Walton

F

204

107

サンノゼ州立大

琉球ゴールデンキングス

1

44

Lynn Washington

F

200

102

インディアナ大

Honka Playboys (FIN)

4



今野、仲村、波多野、Lynnを除いて、昨シーズンから全入れ替えです。
昨シーズンから出て行ってしまった選手は以下の通り。

Matt Lottich(G):引き留めるだけの経済力がなかったのかどうかはわかりませんが、契約満了の末、ドイツBBL(一部リーグ相当)Duesseldorf Giantsへ。プレシーズンマッチでの活躍の話も伝えられています。
Mikey Marshall(G):契約満了。次なる契約先はまだ伝えられていません。
Jeff Newton(F):契約満了。琉球ゴールデンキングスへ。
田村大輔(G):契約満了。ライジング福岡へ。
韓在奎(F):契約満了。兵役で韓国に帰っているらしいです。
石橋晴行(PG):契約満了?だと思います。滋賀レイクスターズへ。アシスタントコーチ兼選手だそうです。
宍戸治一(PG):契約満了?だと思います。富山グラウジーズへ。
佐藤浩貴(C):エクスパンションドラフトで滋賀レイクスターズへ。

Matt、Mikey、Jeffの3人の流出は痛手でしたね。
ただ、彼ら3人+Lynnで結構な給料を払っていたことでしょうから、チーム的にはそこが厳しかったのかも知れません。

さて、このメンバーでベスト5を組むとすればどうなるのかですが、個人的な見解から勝手に選びます。
比較対象として、昨シーズンのベスト5もまとめておきます。

08-09 ベスト5

 

07-08 ベスト5

pos

1st choice

2nd choice

 

pos

1st choice

2nd choice

C

Walton、Naughton

 

C

Jeff

不在

PG

Murry

呉屋、今野

 

PG

Matt

宍戸、今野

SG

仲村

Murry、呉屋

 

SG

仲村

Matt、Mikey

SF

Dewitz

Lynn、波多野、堀川

 

SF

Mikey

波多野

PF

Lynn

Dewitz

 

PF

Lynn

波多野、韓



今シーズン、昨シーズン共に、大事な試合のベスト5ということで考えました。
レギュラーシーズンの通常の試合では、昨シーズンもそうでしたが、波多野が多くのプレイタイムを得ていたように、上記の1st choiceとは異なる選手が出てくると思います。

これらを見比べてみると、控えの層が厚くなったな、というのが第一の感想でしょう。
昨シーズンはJeff1人に任せていたセンタープレイヤーが2人いるのは嬉しいですね。
相変わらず、ガード陣の身長は高い(190cm台)ですが、それに対してインサイド陣の身長が200cm台というのは、チームの方向性を考えてのことなのでしょうか。
やっぱり210cm以上のインサイドプレイヤーがいるチームと当たる時にはやはりそこが心配になります。
センタープレイヤー2人っていうのは、その対応もあるのかもしれませんが、所詮サイズがないのには変わりません。
インサイドを固めたい際に、Walton、Naughtonの併用という選択肢もありますが、どう転ぶでしょうか。
昨シーズンプレイオフではインサイドのサイズ不足を突けるようなチームに当たらなかった、というのがあると私は思うので、今シーズンそういったチームに苦労することがなければ良いのですが。

Matt&Mikey及びJeffが抜けたことによる得点力ダウンに関しては、新外国人で補おうというところなんでしょう。
Murry、Dewitz、Waltonの3人に関してはbjプレイ経験があるので、その時の数字から推察するに、得点はきっちり積み上げてくれそうです。
ただ、いざという時のプレイを誰に任せるか、というのは1つの心配の種です。
勿論、1stオプションはLynnということになるのでしょうが、その次の2ndオプションが誰になるのか。
それは今後の試合結果を見ないとなんとも言えなさそうですね。

あと贅沢を言えば、仲村の他にアウトサイドシューターをもう1枚欲しいところですね。
呉屋が昨シーズン3P%で34.1%、Murryが06-07シーズンに35.8%という数字を出しているので、その辺りに期待でしょうか。

結局こう書き連ねていくと、日本人選手の名前が殆ど出てきませんが、日本人選手達にも勿論、頑張って欲しいものです。
波多野はチーム、いやbjの顔としてプレイの幅を広げ、SFが本職のプレイヤーに成長して欲しいですね。
今野はPGとして3番手ということになるのかもしれませんが、PG・SGをガード陣4人で回すことになりそうですから、そこそこのプレイタイムを貰えるでしょう。
PGとしてのプレイに磨きをかけ、より多くのプレイタイムを勝ち取って欲しいですね。
堀川は、まずは波多野とSFポジションを争うことになるでしょうが、波多野とはスタイルが違う選手だと思うので、そいういった自分の色でプレイタイムを奪えるかどうかに期待です。
早川は期待の日本人ビッグマンですが、前所属の大分でも殆どプレイ実績がありませんので、これはちょっと期待できないのかな、、、いや、頑張れ!!


そろそろ本日のプレシーズンマッチvs浜松も終わっていることでしょう。
どのような結果になったのでしょうか。

思うがままに書き連ねたので、まとまりのない文章になりました。。。
最後に僕の思いをまとめると、、、
①外国人中心選手の抜けた穴は、bjにて実績のある外国人選手にて補完。
②個人的に弱点だと思っていたインサイドはセンタープレイヤーを2人獲得に成功。ただしサイズ不足。

あと、
③コーチ陣に変更はないのと、入れ替わった選手達を見るに、基本的には昨シーズンまでの戦略を踏襲、ということになるのでしょう。
④選手が大幅に入れ替わったので、チームがいつ頃まとまるのか、非常に心配。

今シーズンももうすぐ始まります。
エヴェッサの4連覇は可能なのか。
楽しみですね。
bjリーグトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © hige日記。. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。