--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'02.01.22:05

bjリーグ:09/2/1(日)琉球@大阪。

さぁ行ってきましたbjリーグ。
実は私、体育館まで見に行くのは2度目です。
初めて行ったのは確か2シーズン前だったから、かなり久しぶり。
会場の雰囲気が相当に楽しみでした。
昨日のvs琉球Gキングス第5戦が惜しい試合だったのもありましたし。

けど大阪エヴェッサとしては昨日大活躍の金城をどう止めるかが大きな問題。
本当にマッチアップは波多野でいいの?
けど澤岻のところは仲村だろうし。
じゃぁ堀川or仲西のプレイタイムが伸びるの??
ってなことを考えてたのですが、スターターはやっぱりNile、仲村、波多野、Lynn、Ericとおなじみの顔ぶれ。
金城のマッチアップは基本的に昨日と変わらず、波多野が付く時間が長く、波多野が下がると堀川が付いていたと思います。

しかし今日の波多野は違いましたね。
ディフェンスに素早く戻り、金城にいい状態でボールを持たせないことを徹底していたと思います。
その効果もあってか、今日の金城のスコアは昨日と打って変わってたったの1pt。
(追記:bj公式のスタッツを見ると実際は波多野より堀川の方がプレイタイムが長かったですね。堀川がいいディフェンスをしていた、と書いた方が正確でした。

試合の方は、両チームともディフェンシブで重い立ち上がり。
得点も互いに一歩も譲らず、前半は最後に澤岻のシュートが決まって37-37。
あまりのロースコアにオールジャパンの決勝が思い浮かぶ。
けどあの試合は勝ったアイシンが60点台だったよな、、、まぁそこまではいかないか。

後半は今日も3rdQtrに急にキングスがバタバタとTOを連発。
開始4分程度、キングスは点が入らなかったんじゃないでしょうか。
ここで一気に15点程度のリードをエヴェッサがゲット。
今日はNileのアウトサイドがパスパスと決まり、特にこの時間帯に活躍していたように思います。

試合はこのまま4thQtrに入り、キングスが点差を縮めれないまま終盤に。
キングスは残り1:30くらいで前から当たるディフェンスを仕掛ける(ちょっと遅かったんじゃない?)も、AyerとJeffが続いてファウルアウトとなり万事休す。
幸運にも私が見に行ったゲームで今季5連敗中(要は全敗)のキングスに勝利を収めることができました。

両チームともオフェンスはチームオフェンスどうこうというよりも1on1主体の大味なオフェンス。
もう少し、インサイドにボール入れて、ウィングの選手がカットして、、、というシステマティックな動きが見れないものかとは思うものの、やっぱりそこは外国籍選手のレベルに対して、日本人選手(及びコーチ陣)のレベルがついて行けてないのが原因なのかな、と勝手に思う。
けどせめて外国籍選手2人でのピック&ロールとか華麗な2メンオフェンスが見れればと思うのですが。
エヴェッサではLynnとNileでそう言うプレイが見れないかなと思ってみてましたが、特に見受けられませんでしたね。

そしてエヴェッサはディフェンスも集中力を切らさず頑張ってましたが、リバウンド頑張ってましたね。
特にEricのオフェンスリバウンドが光ってました。
この頑張りでキングスに速攻を出させず、キングスのオフェンスリズムを崩す要因になっていたと思います。

今日の試合を終え、エヴェッサはウェスタンでキングス、高松ファイブアローズに続き第3位。
まだ後半戦は長いですが、順位を上げてプレイオフに望みたいところ。
昨日今日のプレイを続けれるのであれば望みはあると思います。

ただ、NileとLynnが出ずっぱりなのが気になりますね。
早く新助っ人に来て欲しいですね。

bjリーグトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © hige日記。. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。