--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'09.28.23:57

2008bj-KBLチャンピオンシップゲームズ:第2戦@韓国・原州。

やっぱりあきませんでしたね。
結論から申し上げると大阪エヴェッサ75-92原州東部プロミで、またもや完敗でした。

第1戦に比べると攻守共に良くなってきているように感じましたが、やはり気になる点は、ガード陣のボールハンドリングの悪さですね。
厳しいディフェンスを受けるとやはりポロポロTOが出る。(特に今野)
チームの連携が向上すれば、改善される部分もあるとは思いますが。
正直、もう1人いいガードがいればと思いますが、それは贅沢な悩みなのでしょうか。

あと第1戦で仲村が負傷(左ハムストリング筋損傷)とのことで、第2戦は欠場していました。
復帰まで3~4週間ということなので、Ericと同じで10月末のホーム開幕戦に間に合うかどうかですね。
不動のスターターの一角なので、こちらも心配です。

仲村がいないということで、エヴェッサはアウトサイドシューター不在状態。
また第2戦はJustenがいたものの出場時間も短く、またオンザコート2の影響もありインサイドでもサイズで負けているのでディフェンスが縮まらず、アウトサイドでもフリーが出来ない。
内も外もきっちり守られ、簡単なシュートをなかなか打たせてもらえない。

プロミはKim, Joo-Sungもほぼフルに出場で存在感のあるプレイを見せ、さらにOkosaやWhiteも隙あらばインサイドに攻め込み、オフェンスでもディフェンスでもインサイドを制する時間帯が多かったです。
リバウンドがきっちり取れるのでファーストブレイクも出やすいし、さらにハーフコートオフェンスでもディフェンスが縮まるのでアウトサイドにオープンが出来て、さらにそのシュートが高確率で入る。
高い位置からのディフェンスも効くし、さらにゾーンディフェンスではエヴェッサにつけいる隙を見せませんでした。

あと第1戦でダメダメだったエヴェッサのディフェンスですが、今回はだいぶん改善されていたと思います。
第1戦ではエヴェッサのディフェンスの際に、特に何の理由もなく(スクリーンがあった訳でもなく、ダブルチームを仕掛けた訳でもなく)どこかでオープンが出来ている場面が多々見受けられました。
しかし今回の第2戦では、そこまでディフェンスがルーズな場面は殆どなかったと思います。
逆に後半では、厳しいディフェンスの仕掛けからファーストブレイクでシュートまで持って行くという、エヴェッサらしいと言われるような場面が何回か出ていました。
その辺りは、新シーズン開幕に当たって、若干の安心材料にはなりました。

あとチームの連携(というか熟成)不足やガードの力量不足、プロミのディフェンスにしてやられたと、色々理由はあるのでしょうが、オフェンスが重いのも気になりますね。
もう少し簡単にシュートを打ってもいいと思う場面が何度かありました。
終盤に2、3本、エヴェッサオフェンスの早い場面で呉屋がアウトサイドシュートを決めていましたが、外れてもいいので、ああいう感じでオフェンスを終えれないものかな、と。
勿論、ゴールに近いところでシュートを打った方が確率は上がるのでしょうが、結果苦しいシュートを打たされるのであれば確率は上がりませんから。

しかし泣いても笑っても10/3の高松戦を残して、あと2週間でbj開幕ですね。
この2週間でどれほどチームを仕上げてくるのか。
苦しい中にも、光明もあるので非常に楽しみです。


その他、雑感。
・呉屋:今回はTOも少なく、速攻・アウトサイドシュートと頑張っていたと思う。
・今野:TO多し。ディフェンスプレッシャーを受けた時に危うく感じる。
・堀川:仲村の欠場もあり、スタメン。プレイタイムも長かったが、存在感薄し。ディフェンス頑張れ。
・波多野:第1戦に続き、リバウンドは頑張っていた。ディフェンス時につまらないファールが多い。アウトサイドシュートが打てりゃーなー。
・Nick:やはり攻撃の多彩さがうかがえた。レギュラーシーズンではベンチスタートとなるのかな。
・早川:出場はしていたが短く、あまり印象なし。
・Nile:ハンドリングが危うい場面が少々。リーダーシップを発揮して、チームのオフェンスを落ち着けて欲しい。
・Justen:出場時間は短かったと思う。印象なし。もう1度ビデオ見ます。。。
・Lynn:自分より大きい選手にマッチアップされていたので、攻守共に辛かった。JustenやEricが活躍するようになれば、だいぶん負担は軽くなるはず。
・プロミは強かった。WhiteやKim J Sも素晴らしいプレイを見せていたが、アウトサイドの%が素晴らしかった。ディフェンスもマンツーマンとゾーンを織り交ぜ、時に高い位置からプレッシャーをかけるなど多彩で、これからシーズンを迎えるにあたっての準備が出来ているように思えた。(エヴェッサと違って。


   最終スコア(大阪エヴェッサHPより)

 

1st

2nd

3rd

4th

Total

大阪エヴェッサ

16

14

16

29

75

原州東部プロミ

29

21

13

29

92



   ボックススコア:原州東部プロミ(bjリーグHPより)

#

名前

pos

min

pts

reb

ast

57

Byun, Chung-Woon

F

1000

1

Lee, Kwang-Jae

F

1010

2

Reggie Okosa

F/C

261182

3

Lee, Se-Bum

G

6312

4

Son, Jun-Young

F

dnp---

5

Kim, Jin-Ho

G

9101

6

Pyo, Myung-Il

G

25726

7

Kang, Dae-Hyup

F

282321

8

Yoo, Kwang-Sik?

?

dnp---

10

Son, Kyoo-Wan

F

21831

11

Han, Sang-Min

G

dnp---

14

Wendell White

G

291266

19

Yoon, Ho-Young

F

25732

32

Kim, Joo-Sung

F

292093


   ボックススコア:大阪エヴェッサ(bjリーグHPより)

#

名前

pos

min

pts

reb

ast

44

Lynn Washington

F

261763

1

呉屋 貴教

G

17922

7

今野 翔太

G

27042

8

堀川 竜一

F

291220

9

仲村 直人

G

dnp---

10

波多野 和也

F

40690

11

Nick Dewitz

F

171310

17

早川 大史

C

8010

20

Nile Murry

G

271459
21Justen NaughtonF10430

34

Eric Walton

F

dnp---
※ボックススコアの名前太字はスターター。


08/09/29:ボックススコア追記。
bjリーグトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © hige日記。. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。