--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'11.03.23:09

JBL09-10:リンク栃木@パナソニック(09/11/01日)

先日スカイ・A sports+でやってたリンク栃木ブレックス@パナソニック・トライアンズですが、なかなかに接戦で面白いゲームでした。
結局ダブルOTまでもつれたんですよね。
時間があればチケットを取って観に行きたかった。。。
前座(?)のWJBLデンソー・アイリスvsJALラビッツもOTまでもつれたゲームだったし。(こちらもTV放送あった。→観た。)
やっぱり接戦って面白いですよね。

で、ブレックス@トライアンズです。
ブレックスは昨年のこのカード@パナに続き、今年も田臥はDNP。
しかし2ndPGの安齋が頑張ってました。(30min、15pts、1TO)
そして川村、、、相変わらずクイックリリースで、なんで決まんねん!っていうのを決めてました。(47min、37pts、3P=8/16=50%)
けどOT2最後のオフェンスでFTを2投とも外したのはダメでした。
本人も堪えたでしょうね。
元Nippon Tornadoesの片岡は2分のプレイ、ルーキー並波と元bj滋賀の町田はDNPでした。

そしてトライアンズ。
広瀬、木下、Honeycuttの3人が頑張ってました!
広瀬(49min、21pts)は川村とマッチアップ。
ほぼ出ずっぱりでディフェンスは走り回って頑張っていたのですが、ちょっとスキができた時にやられてました。
相手の方が一枚上手やね。
木下はPGとしてチームを落ち着け、スピードで相手をかき回し、決めるところは決め、気持ちのこもったプレーも見せ、って感じで良かったですね。(48min、25pts、7ast、6reb、2TO)
決勝点となったOT2終わり際のFTを二本とも決めたのも◎。
Honeycuttはスタメンではなかったものの、攻守共に相手の外国籍選手(Reggie Okosa、Scott Merritt)を圧倒してました。(32min、21pts、15rebのダブルダブル!)

観てて面白いゲームではありましたが、両チームともFT外しすぎ。
(トライアンズ:13/21=61.9%、ブレックス:10/20=50%)
どっちかがもう少し決めてりゃ、楽に勝ててるのに。。。
結局、終わり際のFTを決めたチームが勝ってるってのが、皮肉でしたね。

あ、試合結果ですがトライアンズが2点差で勝ちました♪

JBLトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © hige日記。. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。