--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'06.18.21:25

東アジア選手権ファイナル:日本vs韓国。

やっと見終えました日韓戦。
う~ん、負けましたね。

ディフェンスはまぁともかく、オフェンスがなぁ。。。
韓国に上手く守られたと言われればそれまでなんですが、やっぱりあれ以上のことはできなかったのかなぁ。。。
素人目にはもっとインサイドを攻めるべきだったと思うのですが。。。
韓国もけっこうファウルが込んでたので、Oh Sekeun(オ・セグン)をもっと早くファウルアウトさせれたかも知れませんし、Kim Minsooのプレイタイムも削れたかも知れません。

身長で勝る公輔・譲次をインサイドで上手に使えないのかなぁ。。。
やっぱりこれが普段からJBLでインサイドでガツガツ行ってない影響なのでしょうか??
ここでJR桜木がいれば、、、と思ってしまいます。
ないものねだりなんでしょうがね。

あとは日本にはバスケに必要なモノっていうか、何かが欠如している気がしましたね。

まずはスキル。
トラベリング取られすぎ。
普段の国内の笛と基準が違うので仕方がないのかも知れませんが、審判も含めた日本のバスケレベルの低さを証明していたような気がします。
大会通してあまりに多すぎ。
普段取られないので急にアジャストするのも難しいのでしょうが。。。

次にバスケIQの低さ。
既述の意見と被りますが、インサイドにファウルの込んでいた韓国に対し、インサイドアタックの発想はなかったのか?
ゾーンディフェンスを仕掛けられた時に、落ち着いてもっと上手く立ち回れなかったのか?
状況に応じてもっと上手くファウルを活用できなかったか?

そして心の問題。
試合を通じてもっと強気に1on1を仕掛ける必要があったのではないか?
終盤には焦ってパスミスを連発。
さらに終盤には取られてはいけないオフェンスリバウンドも相手に献上。
なぜディフェンスリバウンドに集中できていなかったのか??


。。。と、文句ばっかり書きましたが。。。
最低ノルマのアジア選手権への出場権を得ることができたのでまずは良し。

残り少ない時間で、チームをどこまで熟成させることができるか?
田臥(ともしかしたら川村)の合流を良い方向に向かわせることができるか??

いい方向に向かうことを信じ、非常に楽しみにしておきます。

日本のバスケトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © hige日記。. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。