--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'09.10.23:28

バスケ男子日本代表候補発表だが。

JABBAのサイトで12月に香港で行われる第5回東アジア競技大会の代表候補が発表されてます。
小野ジャパン、なのかな。

えらい若返りですな。
19名中、代表候補初選出が10名と半数以上。
ベテラン選手は1人もいません。
誰が代表を選んでも入ってきそうなのは竹内ツインズしかいません。
田臥も川村も、最近お馴染みの柏木、五十嵐、伊藤、山田、網野、、、誰一人いません。

見た感じ、今回の代表は現段階の最強のチームではありません。
更にきつい言い方をするのであれば、将来に最強のチームを作る為の布石と言うわけでもなさそうです。
東アジア競技大会ってのは、消化試合ならぬ、消化大会なのかな?と思ってしまいます。
代表常連選手にも休息が必要っていう理由もあるのかもしれませんが、個人的には納得の出来る理由ではありません。

リストを見てみると、84年生まれの世代(石崎(東芝)、正中(トヨタ)、岡田(トヨタ)他)が最年長で、一番下が87年1月生まれの荒尾(トヨタ)と、学年で言えば3学年に収まります。
これだと初選出が多いとは言え、世代別の代表等で一緒にプレイした機会も多いでしょうし、連携面での影響は少ないのかも知れません。
って言っても、やっぱりこれだけメンツを入れ替えたのだから、協会にはそれに対する説明を開示頂きたいところです、、、先の計画も含めて、、、ね。

東アジア競技大会に出ることや、この大会で勝ち上がることにこれと言った意義がないのかも知れませんが、数少ない国際舞台を踏めるチャンスではありますし、他国が本腰を入れる大会でない(のかも知れない)にしろ、アジア10位の弱小国として、強化の為に有効に活躍して欲しいもんです。

この大会の開催時期にはJBLも試合がないスケジュールを折角組んである訳ですし。
世代交代を進めるにしても、代表の中心となる選手も集めた上で新たな選手を交えた選出、ってのが自然な流れだと思います。
協会も今後の強化に対するやる気がないんでしょうかね。
まぁ色々と難しい問題もあるんでしょうが、、、腰の重さというか、問題認識能力の欠如なのか解決する能力の欠如なのか、、、その辺りが日本がアジアですら上位に入れない原因の一つなんでしょう。

この有様では、小野ジャパンってのもやっぱり暫定政権なんでしょうね。
ちょっと前の自民党みたく、コロコロと頭が替わるってのは勘弁いただきたいのですが。
個人的には、代表監督としてバスケ先進国出身の実績ある監督と、その監督をよく知り上手くサポートできるコーチをどこかから早く引っ張ってきて欲しいです。
そして次なるアジア選手権(2011年、2013年)、オリンピック(2012年@イギリス・ロンドン)、世界選手権(2014年@スペイン)に向けた計画的な強化を図って欲しいもんです。

現在、秘密裏に協会が頑張ってくれている事を祈ります。

スポンサーサイト
日本のバスケトラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © hige日記。. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。