--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'05.30.21:56

田臥。

今回のニュースは前向きに捉えて、カテゴリ&テーマをNBAにしときました。
何てったって、田臥が再びNBAに挑戦ということなんで。

東アジア選手権と日程が重なってしまったのは不運でしたが、仕方がないところでしょう。
たかが日本の選手ごときにNBAのチームが気を利かしてくれるとは思えません。
なんて言い方をすると怒る方もいらっしゃるとは思いますが。
けどそれだけの実績を残せていないのも事実です。

にしても今回、声をかけてくれたDallas Marvericksなんですが、今シーズンのロースターを見るにガード陣が厚く、田臥にとっては厳しい布陣ですな。
ポジションが被ってくるのは、年を取ったとは言えどもスーパースターPGのJason Kidd、ベンチスタートながらチーム3番目の得点源のJason Terry、3Pが得意で今後が期待されるバックアップPGのJose Bareaの辺り。

このオフにどういう出入りがあるのかわかりませんし既にどんな噂が出ているのかも知りませんが、彼らと競わねばならないとすれば相当に厳しいハードルです。
他にも共にMavs入りを狙うライバルもいるんでしょうし。
その辺りの情報もその内入ってくるでしょう。

しかしまぁMavsのミニキャンプでいいプレイが出来ればこのオフに開催されるサマーリーグに出場する道も開けるだろうし、そうなれば他のチームの目に触れる機会も増えます。
どれだけ自分の全てを出し切れるか。
既にベテランの域に入りつつある田臥であればできるはず。

彼に残る時間はわずか。
自分の為、そして次の世代の為に精一杯頑張って欲しい。

スポンサーサイト
NBAトラックバック(0)  コメント(0)
2009'05.26.18:35

イチロー凄いね。

いきなりMLBですがイチローさん、今日は4打数4安打。
凄いっすね。

けどチームは1-6で負けたそう。
辛いなぁ。。。

今日の固め打ちで打率は3割3分5厘まで上昇。
この打率を維持して残り試合に全て出場すれば、最終戦でちょうど200本安打達成だそうです。
厳しい道のりですが、是非とも頑張って欲しいですね。


参考サイト:
イチロー、その果てしない道(http://www2u.biglobe.ne.jp/~akichan/mlb/ichiro.htm)

その他雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2009'05.24.00:16

ギリシャのバスケ。

あんたかさんのblog(http://hoop.qee.jp/diarypro/diary.cgi?no=724)で、現在ギリシャのリーグで行われているプレイオフファイナルの記事があります。
ファイナルの組み合わせは、先日のユーロリーグフィアナル4での組み合わせと同じく、リーグ1位のOlympiakosとリーグ2位のPanathinaikos。

ギリシャリーグのファイナルについては特にコメントすることもないのですが、今回勝手に紹介させていただくのは上述のblogでのコメントでMahmoudさんが紹介しているyou tube動画。

Pao-gayros 2007-2008 Basketball Finals 5th match - CHAMPIONS

以前にMahmoudさんのblogにて見たことがあったのですが、久々に見ても鳥肌もんでした。
Panathinaikosのホームでの応援の様子なんでしょうが、2000%くらいホームコートって感じですね。
こりゃビジターチームのファンは会場に入れません。。。

日本のバスケでこんな応援が見れる日は来ない(!)でしょうが、もう少し会場での応援を盛り上げていけないものかと思っております。
。。。だったら会場に応援に行けってね。。。ハイ。。。

まぁとりあえず見てて気持ちいい動画なんで、ご紹介まで。

世界のバスケトラックバック(0)  コメント(0)
2009'05.21.00:10

KJ松井は本当に日本に帰ってくるの?

怒濤の1日3upです。
これまで複数ネタをまとめて書いたりしてましたが、今後分けて書こうと思い直し(?)こんなことになっています。

アメリカNCAAディビジョンIでプレイした初めての日本人、KJ松井こと松井啓十郎選手です。
今秋の大学卒業後、彼が日本でのプレイを望んでいるという記事が以前Japan Timesにありましたが、同じくJapan TimesによるとJBLの三菱電機ダイアモンドドルフィンズと契約しそう、とのこと。
とある情報筋によると、ってことですが。
やっぱりbjにはこんわな。

因みにこの話ですが、bjリーグのファイナル4に関する記事の中にこっそり書いてありますので、上記リンク先をご参照の場合はご注意あれ。


日本のバスケトラックバック(0)  コメント(0)
2009'05.21.00:10

NBA:Boston負けちゃったね。

KG不在のBostonはやっぱりダメでした。。。
Poweもいないし、PerkinsとBig Baby(とScalabrine)でインサイドをやり繰りするのは相当に辛かったんでしょうね。
しかも相手には最優秀守備選手のHowardがいる訳だし。

Conf.セミファイナルの7戦通してPierceが18.9pts、R.Allenが13.1pts。
この辺りの得点も、もっと伸ばしたかった所なんでしょうが。

Diceさんのblog(http://yoshimotodaisuke.blogspot.com/2009/05/nba-playoffs_13.html)にてOrlandoのディフェンスについて面白いエントリがあります。
他にも勉強になるエントリがたくさんあります。
ご興味のある方はどうぞ。

ウエスタンを見ると、Denver強いっすね。
AIが抜けて、Billupsが入って別のチームになりましたね。
MeloやK-Mart、Neneが生き生きとプレイしているように見えます。

ウエスタンファイナル第1戦@LALは惜しくも落としてしまったようですが、残るシリーズが相当興味深いです。


NBAトラックバック(0)  コメント(0)
2009'05.21.00:10

東アジアバスケットボール選手権大会(男子)のTV放送。

バスケットボール日本代表公式サイトによると、BSフジで日本戦のみTV放送あるそうです。

6/10(水)予選ラウンド「チャイニーズ・タイペイvs日本」22:00~23:55(同日録画・放送延長あり)
6/11(木)予選ラウンド「日本vsモンゴル」22:00~23:55(同日録画・放送延長あり)
6/13(土)「準決勝の日本戦」16:00~17:55(生放送・放送延長あり)
6/14(日)「決勝または3位決定戦の日本戦」22:00~23:55(同日録画・放送延長あり)

決勝ラウンドに日本代表が残れなかった場合、13日、14日の放送はどうなるんでしょうか。
日本代表にとって素晴らしく良いグループ分けなんですが、若干心配です。


日本のバスケトラックバック(0)  コメント(0)
2009'05.18.22:30

bjリーグ:08-09シーズン終了。

あー、書く気が起こらない。

ウエスタンConf.ファイナルで琉球ゴールデンキングスに敗れた大阪エヴェッサは、3位決定戦にて浜松・東三河フェニックスと戦いました。
結果は85-91の6点差で敗退。
エヴェッサは今季4位でシーズンを終了しました。

で、ご存知の通り琉球ゴールデンキングスvs東京アパッチで行われたファイナルは89-82でキングスが勝利し、ファイナル プレイオフMVPにはJeff Newtonが選ばれました。

----------

ファイナルはVTRで飛ばし飛ばししか見ていませんが、どーもやっぱりジャッジは気になりますね。
ってのはあくまで負けた側からの観点なのか。。。

けど同様の意見もあるようで。

あんたかさんblog。(http://hoop.qee.jp/diarypro/diary.cgi?no=713)
wolfyさんblog。(http://evess.net/?p=2961)

私の技量で審判の判定を論じれるとは思いませんが、今シーズン通して、少なくともファウルと思われるような行為に対しファウルを取らない場面が多いように感じております。
それが審判のレベルによるものなのか、それとも何か意図のあるものなのか、はたまた私の見る目が悪いのか、、、その辺りはよくわかりません。

----------

まぁ何はともあれ、キングスの優勝を讃えたいし、何よりJeffのMVPは立派だと思う。
そして来シーズンのエヴェッサがどうなっているのかわからないけど、今シーズン活躍したメンバーを中心に、補強もアリで、何より今シーズンのメンバーがオフ間に更に成長していることも期待して、来シーズンを楽しみに待ちましょう。

けどやっぱ本職センタープレイヤーが欲しいですよね。
少なくとも走れてディフェンスで頑張れる人じゃないとダメなんでしょうが。

エヴェッサのプレイヤー、コーチ陣、その他チームを支える皆様、今シーズンはお疲れ様でした。
そして来シーズンに向けて頑張って下さい!!
来シーズンも楽しみにしてますんで!!!

bjリーグトラックバック(0)  コメント(0)
2009'05.17.11:23

大阪エヴェッサ:Conf.ファイナル敗退。

あ~ぁ、負けちゃいましたね。
bjリーグ08-09ファイナル4のウエスタンConf.ファイナル首位琉球ゴールデンキングスvs二位大阪エヴェッサです。

4thQtr8:49で17点のリードがあったのが。。。
あれよあれよという間に逆転。

エヴェッサは序盤からいいディフェンスをしてました。
金城(0pt 6pts)は完全にstopさせましたし、澤岻(3pts、11reb、6ast)とMcHenry(10pts、9reb、7ast)にも得点させませんでした。

しかし、キングスは序盤から余裕を持ってプレイしていた感じがしました。
なんといってもサイズで勝るインサイドを有効に使っていました。
Jeff(50pts19reb)とAyer(20pts)の得点もさることながら、エヴェッサの中心選手にファウルをさせるのに成功し、序盤でLynnが2PF、そして3rdQtrにLynnが3つ目を犯してからはRyan(4PF)とNile(5PF)がファウルを重ね、結局4thQtr3:27にNileがファウルアウト。。。orz
エヴェッサにとってはキングスに追い上げられた時間帯で、ゲームメイカーであり、そしてアウトサイドで有効的に得点を重ねたNileがいなくなってしまったのが痛すぎました。。。
エヴェッサにとっては厳しい判定が多いような気もしましたが。。。

エヴェッサの選手はLynnがJeffとのマッチアップで抑えられたのか得点少なめで、20pts(3P=0/5、2P=7/16)、17reb、5ast。
NileとRyanは苦しい時に得点を重ね、Nileが24pts(3P=5/5)、Ryanが27pts、8reb、6ast。
日本人では今野がアグレッシブなドライブとディフェンスで活躍し33分で13pts、3stl。
仲西(25分、2pts)と仲村(16分、0pt)は数字に残る活躍はできませんでしたが、ディフェンスで相手にプレッシャーをかけ続けていました。
波多野はDNP。

やっぱりこうやって書いてると、Jeffにやられた、って感じですね。。。
大舞台で50pts、19rebは立派すぎます。
2Pが18/30=60%、FTが8/8=100%で、3Pも2/2=100%やもんなぁ。。。
そして逆転の4thQtrには20ptsの固め打ち
試合後の桶谷HCのコメントだと、Jeffは肩の具合が良くなってきてたそうで、それでアウトサイドシュートも入ったそうです。

キングスにはファイナルの東京アパッチ戦、頑張って是非とも優勝してもらいたいです。
そしてJeffにはプレイオフMVPを決めてもらいたい。
アパッチはイースタンConf.ファイナルで凄くいいディフェンスをしてたみたいです。
それにキングスがどこまでやれるかも見所ですね。
頑張れ!!

エヴェッサは3位決定戦の浜松・東三河フェニックス戦ではベストを尽くして、今できる最高のプレイを見せてもらいたい。
GardenerとMorrisonの得点を抑え、どこまでやれるか?
波多野の出場はないかな??
それで3位で今季を終えれたら最高やね!
今季最後の試合に全てを出し切れ!!!

bjリーグトラックバック(0)  コメント(0)
2009'05.13.22:45

やっとConfセミファイナル高松@大阪を見終えた。

第一戦、第二戦、そしてextraの第三戦のVTRをやっとこさ見終えました。
我らが大阪エヴェッサは、第二戦を落としたものの、第三戦を取り有明行きを決定!
って今更いうほどのこともございませんが。


まずは第一戦。
エヴェッサは仲村、波多野がDNPに対し、高松ファイブアローズにはJamesが戻ってきており、万全の態勢。
しかしアローズはJamesの試合カンが戻っていないのか、それともCamaraとの連携が悪いのか、有利なはずのインサイドを攻めきれない。
エヴェッサはLynnを中心に確実にポイントを重ねて良い立ち上がり。

徐々にアローズはインサイドアタックを成功させリズムを掴むものの、アウトサイドシュートが入らない。
シューター岡田が3P=0/6、2P=0/4で、なんと0pt(但し7ast)、中川も3P=0/5で2pts、チームトータルでも3P=6/28で21.4%。
逆にエヴェッサは普段ベンチスタートの日本人ガード仲西&今野が大活躍。
仲西はアウトサイドシュートを確実に決め、3P=4/6で18pts、今野は果敢なドライブからのシュートを確実に決め、またそれによって得たFTも高確率で決めて、2P=7/11、FT=5/6で19pts。
特に今野のハッスルプレーが目立ってました。
Nile(11pts、10ast、8reb)が彼らのいいプレーを引き出してました。

エヴェッサはゾーンディフェスを効果的に使ってましたね。
そして当初不利だと思っていたリバウンドをキッチリ拾い、ディフェンスリバウンドからの速攻が効果的に出ていました。

しかし最終的にスタッツを見て感じたのは、エヴェッサの3P%が高すぎ、逆にアローズが低すぎる。
この数字が同程度ないし逆になれば試合がどう転んだかはわからないかな、と。


その懸念が現実となったのが第二戦。
エヴェッサはオープンのアウトサイドシュートが入らない。(チームで3P=1/14=7.1%)
逆にアローズはシューター岡田が見事復活(3P=5/7、15pts)でチームで3P=10/22=45.5%。

アローズは試合終了間際まで高い集中力でプレーしていたのに対し、エヴェッサはなんだか集中力が感じられないような時間帯があったように思いました。


そして対戦成績1-1となり迎えた第三戦。
第三戦は前半5分、後半5分の特別ルール。
チームファウル3で1and1スローがあるのと、PFは3でファウルアウトというのがまた独特。

最初のシュートを決めたのはアローズのJames。
“NBAでOTになったゲームではOTの最初のシュートを決めたチームが勝つ可能性が高い”って話をふと思い出す。
しかしエヴェッサはすぐさまRyanが入れ返し、その後一進一退の攻防が続く。

先に緊張の糸がとぎれたのはアローズ。
前半残り1:13のジャンプボール後のアローズの24秒オーバータイム。
オフィシャルの不手際でショットクロックがリセットされたのが大きな原因。
敵ながらあれはかわいそうだった。

そしてその直後のJamesの2つ目のPF。
アローズは後半も考えるとJamesを下げざるを得なくなった。

ここから後半残り1:11までのおよそ5分間、なんとアローズはFGが入らない。
エヴェッサのディフェンスが良かったのもありましたが、入りそうなシュートも入らない。
リングに嫌われる。
Camaraなんてダンクも外してしまう。
逆にエヴェッサはLynnを中心にFG、FTを確実に決める。

これが流れなのか。
勝負強さなのか。

あれよあれよと言う間に最大16点差を付けられ残り1分。
アローズは時計を止めようとファウルゲームに持ち込むが、この時点で万事休すでした。

アローズは不運もあったとは思いますが、冷静にプレーが出来ていなかった。
それに対しエヴェッサは特別ルールをキッチリ理解し、集中してプレーが出来てました。
紙一重の差かも知れないけど、その差を作ることに成功したエヴェッサの選手達とコーチ陣を褒めるべきだと思う。

エヴェッサブースターだから思えるんでしょうが、いい三連戦でした。
有明で仲村、波多野を加え、エヴェッサがいいプレイをしてくれることを祈ります。

bjリーグトラックバック(0)  コメント(0)
2009'05.08.12:47

ユーロリーグ08-09ファイナル4のTV放送。

先日スカパー!e2の16日間無料体験を申し込みました。
明日、明後日放送のbjカンファレンスセミファイナル(高松ファイブアローズ@大阪エヴェッサ)の録画放送を見るためなんですが、NBAプレイオフも見れるし、NCAA男子バスケの再放送もあるし素晴らしいですね。
他にどんなの放送するんだろうとJ SPORTSのサイトを見てて発見しました。

知ってる人は知ってる(当たり前。)のかもしれませんが、J SPORTSでユーロリーグのファイナル4が放送されるそうです。
既にファイナル4は終了しているので、録画放送です。
優勝チームは先日、日刊スポーツでも報道されてましたね。(リンク先で優勝チームがわかってしまうので注意!)

初回放送の予定は次の通り。

5月26日 (火) 22:00 - 24:00 準決勝-1 バルセロナ vs. CSKAモスクワ
5月27日 (水) 22:00 - 24:00 準決勝-2 オリンピアコス vs. パナシナイコス
5月31日 (日) 21:00 - 23:30 決勝

う~ん、奥さんに頼み込んでスカパー!e2加入しようかな。。。定額給付金でもネタにしようか。。。
それかもう1枚B-CASカードを入手して無料体験をもう1度申し込むか。。。

世界のバスケトラックバック(0)  コメント(0)
2009'05.07.20:48

バスケットボール日本代表公式サイト。

いつの間にやらバスケットボール日本代表公式サイトなるものが公開されています。

JBA日本バスケットボール協会 日本代表サイト

こちらでは男子代表と女子代表の合宿の模様が公開されてます。
男子代表は監督や選手のインタビューもupされてますので、ご興味のある方は是非チェックを。

そういえば6月に愛知県小牧で開催される“第1回東アジアバスケットボール選手権大会 兼 第25回FIBAアジア男子バスケットボール選手権大会 東アジア地区予選”(名前長すぎ。)ですが、5月9日よりチケットぴあにてチケット販売開始だそうです。
日本はだいぶんと組み合わせに恵まれているので、是非とも頑張って欲しいところですが。。。

因みに各国のFIBAランキングは以下の通り。

【グループA】
ホンコン・チャイナ :53位
中国:10位
韓国:26位

【グループB】
チャイニーズ・タイペイ:40位
日本:33位
モンゴル:ランクなし

日本のバスケトラックバック(0)  コメント(0)
2009'05.05.07:07

旅先より、いろいろ。

初めての携帯からのupです。
入力しにくい。。。


■bjリーグ:大阪エヴェッサFinal4進出決定

残念ながら会場まで行かず、bjtvテキスト速報で結果見ただけです。。。

第二試合に負けてしまい1-1のドローに持ち込まれたものの、第三試合には気持ちを切り替え見事勝利!!
天晴れです!!

仲村、波多野が不在の中、よく頑張ったなぁ。。。
GAORAの放送が待ち遠しいです。


■Nippon Tornadoes第二戦。

第二戦も負けてしまったようです。
前半40点程度離されたのを、後半だいぶん盛り返したようですが、届かず惜敗。
なんと元エヴェッサの田村大輔が後半42点を叩き出し、トータルで両チームハイの45得点だったそうです。

このゲームの結果を踏まえて、次はどんなゲームができるか??
Go Tornadoes!!


■そしてNBA、Boston-Chicago。


ゲーム7はキッチリBostonが勝ちましたね。
GAORAで生中継を見ましたがKG、Powe抜きでもディフェンスがよくオフェンスもうまく回ってたように感じました。

Scalabrine活躍してましたね。
相手がダブルチームに行った時に彼がポカーンとあくんすよね。
そこでキッチリとアウトサイドシュートを決めてました。

これまでの6戦を見てないのでわかりませんが、逆にChicagoは本調子じゃなかったのかな??

危ういところでしたが、これでBostonはなんとか2ndRound進出決定。
って去年と同じ展開やん!って感じですが。
次の相手は、、、Orlandoでしたっけ。

バスケ全般トラックバック(0)  コメント(0)
2009'05.02.22:44

いろいろ。

■bjリーグCセミファイナル高松@大阪第一戦。

bjtvの速報でチェックしたのみです。
大阪エヴェッサはキッチリ第一戦をものにしました。
仲村、波多野はDNPみたいです。
高松ファイブアローズはJames、Garrison共に出場はしていたみたいですね。

前半は一進一退の攻防だったようですが3rdQtrにエヴェッサが15点差をつけ、点差を縮められたものの余裕を持っての勝利だったようです。
エヴェッサ、ここに来て強いです。

エヴェッサはLynn、Nile、Ryanの3人がキッチリ数字を残し、そしていつもはベンチプレイヤーの仲西、今野が活躍したみたいです。
逆にファイブアローズはCamara、James、Sparksは活躍するものの、岡田、中川ら日本人選手がダメだったようですね。
この試合は1週間後のGAORAで観戦予定なのですが、どんな試合だったのか楽しみです。

さて、次の第二戦はどうなることか。
ファイブアローズは初戦の反省を生かしてくるでしょうし、厳しいゲームになるはず。
けど頑張れエヴェッサ!


■IBL:Nippon Tornadoesの初陣。

初戦は昨シーズンの優勝チームVancouver Volcanoes。
Vancouverと言ってもカナダではなく、アメリカ国内でPortlandの近くのようです。

Volcanoesはマイナーリーグとは言え、最長身の選手が6'11"=211cmと上背のあるチーム。
211cmの選手がいるチームって、日本のリーグで例えるとJBLやbjでも一部だけですよね。
それに対し、Tornadoesの最長身は193cm。。。

結果は90-146で、数字だけ見れば惨敗ですが、彼らの中ではどれだけのものが得られたのでしょうか?
このチームで勝利を収めるのは難しいのかも知れませんが、どれだけ彼らが頑張って、どんな結果を残すのか、そしてこの試みが今後どんな意味を持ってくるのか。
期待しすぎもなんですが、僕は注目しています!


■NBAプレイオフ1stRound。

西は2ndRound進出チーム決定、東はBoston-ChicagoとMiami-Atlantaの2カードが3-3でもつれてます。

あ~ぁ、Portland負けちゃいましたね。
応援してたんですが。
若さがいい方に向かわなかったのか。
Houstonを褒めるべきなのか。

そういやMutombo引退だそうですね。
彼のショットブロックの後のおきまりの行為(?)が見れなくなるのは寂しいです。
彼じゃないと様にならない、って思うのは年を取った証拠なのか??

San Antonioも負けちゃいました。
こちらはGinobili不在の影響は大きかったのでしょうが、他にもObertoやGoodenら活躍すべき選手があまりプレイできてないようですね。
詳細知りませんが、故障でもあったんでしょうか。

あ~と、Boston。
キッチリ苦戦していますね。
KG不在にPowe離脱が痛すぎますね。
もっとMooreにプレイタイムを与えられないのかな?

Miamiも土俵際で粘ってます。
第7戦はどーなることやら。


■川村君。

一般紙等でもキッチリ報道されてましたが、JBLリンク栃木ブレックスの川村卓也がNBAを目標にアメリカに行くそうですね。
まずはこのオフにどれだけ結果を残して、次シーズンはどこでプレー出来るでしょうか?
NBADLのチームから声がかかるくらいまでは行けるか??

あと今年は誰がアメリカに渡るのか。
竹内譲次は本人のblogで今夏アメリカに行くのかどうかよくわからんコメントを残してますね。
どーするんでしょうか。
JBLレラカムイの桜井も、今年もアメリカで経験を積んで欲しいですね。
bjからも誰か行くのかな?
昨年は呉屋がNBADLのトライアウトか何かに参加してたような。

他にもこっそりオフにアメリカでトレーニングしてた選手はいるんでしょうが、もっと沢山の選手に本場で経験を積んでほしいところです。

バスケ全般トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © hige日記。. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。