--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'10.31.23:00

NBA開幕戦:Cleveland@Boston。

とうとう開幕しましたね、NBA。
NHK BS1で放送があったので、やっぱり見てしまいました。
子供の相手しながらだったので、しっかりは見れませんでしたが。

にしても、長いことアメリカバスケの観戦から離れて、ここ最近はbjのバスケしか見ていなかった私の目には、1つ1つのプレイが刺激的過ぎました。
特にレブロンの4thQtr2:11のダンク、、、リングが親の敵なのかと思ってしまうくらい強烈に叩き付けていましたね。

毎年、開幕戦を見て思いますが、本っっっ当に1つ1つのプレイの質が高いですね。
素晴らしい体格と運動能力を併せ持った選手が、それらに加えて高い技術と知性を持ってプレイしてるんだな、って感じます。

試合の内容ははっきり覚えてません(!)が印象だけ。

BostonはKGのシュートタッチが悪く、3Pの一歩内側くらいからのジャンパーをことごとく外してました。
Ray Allenも3PFG1/4といまいちで、BIG3ではPierceが1人気を吐くような状態。
Rondoは強気なドライブなど好調なプレーを見せ、今シーズンも楽しみな感じ。(その内、怪我しそうで心配ですが。)
控え陣ではPoweが好プレーを見せてましたが、Poseyの抜けた穴を埋めるプレイヤーがいないのが心配ですね。

Clevelandは補強に成功して、豪華な布陣になりました。
ベンチから出てくるのがVarejao、Gibson、Szczerbiak、Pavlovicですもんね。
スタメンガードコンビのWilliamsとWestもいい感じでしたが、いかんせん体格がないのが心配です。
あとインサイドの攻撃力に若干の不安がありますね。

とは言えEasternはやっぱりこの2チームが今年も中心となるんでしょうね。
あとはPhiladelphiaがどれくらいの力を発揮するのかが楽しみです。

あ、そう言えばこの試合ですが、序盤につまづいてClevelandにリードを許したBostonでしたが、3rdQtrに追いついて逆転してそのまま逃げ切りました。
流石はチャンピオンチーム、って感じでした。

スポンサーサイト
NBAトラックバック(0)  コメント(0)
2008'10.30.22:37

お疲れ様でした。

全くもってバスケネタではありませんが、1つ。

ミスターセレッソこと、Jリーグ(J2ですが)セレッソ大阪の森島寛晃選手が引退されるそうですね。
彼の黄金期(2000年前後ですね)はセレッソも結構強く、私もたびたび長居に足を運びました。
98年に長居でジュビロに1-9で記録的大敗した試合も見に行きましたし、00年の1stステージ最終節でフロンターレにVゴール負けしてステージ優勝を逃した試合も見に行きました。
(こう書くと私が見に行くとロクな事になってないな。

その時期に、当時のチームメイトの西澤明訓(現清水)と共に日本代表でも活躍していたのも懐かしいですね。
2人が揃って表紙になったサッカー雑誌やNumberを見かけては買って、部屋に並べて飾っていたのを覚えています。
2人が表紙になるなんて、なかなかなかったですからね。
そんな黄金期にも結局セレッソは1度もタイトルを取れなかったんですよね。
準優勝だらけですよ。

森島選手と言えばピッチ狭しと走り回る運動量豊富かつ献身的なプレイ。
そういうのが災いしたのか、一時はオーバーワーク症候群で欠場が続いたり、また近年も原因不明の首痛でベンチ入りも出来ていなかったようです。

引退されるのは非常に寂しいですが、十分に体に鞭打って頑張ってこられたのでしょうし、ご自身で引退を決意されたのでしょうから、心から『お疲れ様でした』と言いたいです。
いつかセレッソの監督となる日も来るのかな?
そんな時を心待ちにしております。

以下、オマケ。。。
 ...READ MORE?
その他雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2008'10.28.19:00

すごいぞ桜井良太。

今日、お昼休みに少し時間があったので、リンク栃木ブレックス・田臥の個人スタッツでもチェックしようかとJBLのサイトを覗いてました。
気づけばとうとうレラカムイ北海道・桜井にアシストランキングで抜かれてしまっていますね。
(10/26現在。以下全て。)

で、よくよく見ていると個人スタッツランキングで桜井の名前が、
 ・アシスト(5.38astで1位)
 ・FG%(52.86%で8位)
 ・FT%(73.33%で9位)
 ・スチール(1.38stlで6位タイ)
 ・ブロックショット(0.88blkで7位タイ)
と、なんと5項目で挙がっているではないですか!
特にFG%とブロックショットでは、インサイドプレイヤーに囲まれて、ガードの選手として唯一のランクイン。
見事・天晴れです。

昨シーズンのスタッツを引っ張り出してきて比較してみると、得点(+2.95)、2P%(+12.0)、リバウンド(+2.35)、アシスト(+0.92)と軒並み数字を上げています。
逆にファール数(-0.55)、ターンオーバー(-0.61)と増えなくていいところはキッチリ下げています。
その結果としてEff値も、12.71から19.75と+7.04も伸ばしています。

これらの数字の伸びは、今シーズンより外国籍選手のオンザコート1が始まったことも十分に関係しているんでしょう。
特に得点、FG%、リバウンドの辺りの影響は大きいでしょうね。
しかし結果、リーグトップクラスの数字を出していることからしても、彼がプレイヤーとして、そしてPGとしてぐんぐん成長してると考えて良いのでしょう。

にしても2PFG%=69.8%なんていうPGに似つかわしくないのような数字(恐らくある程度シュートを打っている選手の中ではチームメイトのTyler Newtonに続いてリーグ2位!)は、シュート技術の高さは勿論、シュートセレクトの良さがないと絶対に出せない数字ですね。
あと数字だけを見ればですが、3Pを磨けばPGとしてパーフェクトですね。

桜井と言えば、今年の夏にアメリカに渡った選手の1人ですが、来年の夏に向けて気合い十分、というところなのでしょうか。
どんどん成長してもらって、日本のバスケを盛り上げて頂きたい、と切に願う今日この頃です。

あ、そういや、当初気になっていた田臥、、、もっと頑張れ!!


07-08の桜井のスタッツと、08-09(8試合消化時点)での桜井&田臥のスタッツをまとめたので、折角なんでupしておきます。
081027_JBL桜井スタッツ

JBLトラックバック(0)  コメント(0)
2008'10.26.23:36

bjリーグ:08/10/25(土)沖縄@大阪。

お久しぶりです。
とうとう、大阪@滋賀第2戦をブッ飛ばしてのupです。。。
ま、いっか。

いやぁ、ダメでしたね。
4thQtr怒濤の反撃でしたが。。。
まぁそれまでのデキからして仕方がないと思います。

FGが決まらないのはある程度しょうがない。
相手あってのことですから。
けどFTが悪いのがねぇ。。。
FTがもう少し決まっていたら、4thQtrの反撃でトドメを刺せたハズ。
まぁ『たら』『れば』ってのは言ってもしょうがないんですが。
チームでFT%=70%くらいを目指してほしいもんです。

チームオフェンスは相変わらず重たいですね。
ファーストブレイクもあまり出ませんでしたし、ハーフコートオフェンスではアウトサイドシュートか外国籍選手の1on1というパターンが目立ったように思います。
これらはやっぱりインサイドでキングスに負けていた結果ではないでしょうか。
ディフェンスリバウンドがいい形で取れないので、ファーストブレイクも出にくい。
ハーフコートでもインサイドでの勝負が難しい分、外もしくは外からの勝負に偏ったバランスの悪いオフェンスとなっているように思えました。

ディフェンスは40分で考えれば70点台にキングスを抑えたわけですし、キングスの3PFG%=32.1%、2PFG%=49.1%って数字を見てもとりあえずは合格点でしょうか。
まぁダンク5本(大阪は0)ってのはどうかとは思いますが。

にしてもキングスはいいチームでしたね。
4thQtr終盤でTOが続いた時には、これが勝ち慣れていないチームなのかな、と思いましたが、OT1&2ではキッチリ立ち直り、エヴェッサに多くのFGAを与えたもののFG%を30%台に抑えてくれました。
特にインサイドのJeff(30pts、12reb)は仕方がないにしても、Chris Ayer(16pts、13reb、2PFGが8/10=80%、内ダンク2本)もいい仕事をしていました。
澤岻も流石は07-08リーグベスト5というプレイを随所に見せていました。

対するエヴェッサはというと、困った時の1on1はやっぱりLynnの一辺倒。
で、22ptsを取ったものの、3PFGは0/5で2PFGが8/21=38.1%。。。
ひいき目なのかも知れませんが、今野をもっと出して欲しかったですね。
ディフェンスも頑張っていたし、オフェンスでも0ptsではありましたがガッツを感じました。
なにより彼がコートにいるとチームのリズムも良くなったような気がします。
どうもスターティング5(Nile、仲村、波多野、Lynn、Justen)がそろうとチームのリズムが悪いように感じたのは私だけでしょうか??

シーズンもまだ始まったばかりですし、52ゲームという長丁場というのもありますので、エヴェッサには1戦1戦の勝負(結果)にこだわり過ぎず、もっと実験的な采配を期待したいですね。
上述の今野の件もそうですが、呉屋のプレイも見てみたいな。
呉屋が出てこないのはコンディション等に何か問題があるんですかね?

勝負所でNileかNickの1on1から始まる形も欲しいですね。
彼らなら1on1から他のプレイヤーに合わせてパスをさばくって芸当も期待できそうですし。
この試合の最後のLynnの1on1もキッチリ抑えられてましたしね。

あとはインサイドですね。
具体的にどう改善すれば良いのか私には見当がつきませんが、キングスにオフェンスリバウンドからの得点を許す場面が多かったと思いますので、まずはディフェンスリバウンドをキッチリ取りたいところです。

さて第2戦はどうなることか。
上述の対応が見れれば嬉しいところです。
結果の数字は見てしまったのですが、bjtvはまだ見てないので、どんな感じだったのか少し楽しみです。


FGとFTの数だけまとめたので、折角なんでupしておきます。
081025_沖縄@大阪FG

bjリーグトラックバック(0)  コメント(0)
2008'10.19.10:42

いろいろ。

■bjリーグ:仙台89ERS@浜松・東三河フェニックス
昨日10/18(土)の第1戦はホームのフェニックスが93-77で完勝だったみたいですね。
けどメンバーが豪華ですよね。。。とりあえず、デカい!!
特にデカいのがアジア国籍枠ででれちゃうのが卑怯ですよね。
昨日の試合はbjtvでもチェックしてないのですが、本日10/19(日)の第2戦はBSフジにて16:00から生放送があるそうなので録画して後ほど見るつもり。
楽しみです。

■JBL:リンク栃木ブレックス
先週に初勝利&昨日の試合で2連勝ですね。
公約(?)通り圧倒的なstatsを期待していた田臥ですが、数字しか見てないのですが、なかなかピリッとしませんね。
アシストは4.46astでリーグトップですが、レラカムイ桜井にピッタリマークされているような状態ですし、得点も8.83pts(=(11+6+2+14+10+10)/6試合)と振るわない。
チームがまだできあがってない部分はあるんでしょうが、どーもねぇ。。。
けどまぁ試合見てみたらやっぱり違う!ってところがあるんでしょうか。
またヒマを見つけて、これまでのstatsでもまとめてみたいな。

■中川和之選手の行方
昨シーズンはライジング福岡で、その前は高松ファイブアローズで活躍した中川選手ですが、現在NBADLのトライアウトでアメリカに渡っているそう。
まずはIowa Energyのトライアウトを受け、続いて本日Albuquerque Thunderbirdsのトライアウトを受けるそうです。
アメリカでも頑張って欲しいもんです。
詳細は本人のblogがあるんで、そちらググってみて下さい。

■NBAのTV放送予定
いつの間にかNHKスポーツオンラインにupされてますね。
開幕戦Cleveland@BostonがBS1にて10/29(日)20:10~放送とのこと。
その後の試合も週3試合くらいのペースで放送してくれるようです。
あー、よかった。

■ちなみに
WJBLの予定もupされてました。
11/30(日)の13:03からBS1にてトヨタvs富士通だそうです。

■bjリーグの情報公開の遅さ
bjリーグを開幕前からこれだけ気にしていたのは実は今シーズンが初めてなんですが、どーもファンに対しての行動の1つ1つが遅い、と感じますね。
今シーズンのルール改正の話もそうですが、その他色々と。
オフィシャルガイドブックもそろそろ書店に並んでいるのかも知れないけど、まだ私は見たこともないし。(まぁこちらは選手の契約が直前までまとまらないという実情もあるのでしょうが。)
ちょっとファンをないがしろにしてるように感じる部分もあるので、リーグにはもう少し性根入れて頑張って欲しいところです。


私のblogもupが遅れてますが、大阪@滋賀の第2戦はまだ試合を通してbjtvをチェックできていません。
また近いうちに感想文(!?)をupします。

バスケ全般トラックバック(0)  コメント(0)
2008'10.17.22:23

bjリーグ開幕戦!:10/11(土)大阪@滋賀。

この数日、バタバタしておりupが滞っておりました。
まずは開幕戦の大阪エヴェッサ@滋賀レイクスターズ(以下レイクス)の内容について書きたいと思います。

スタータはNile、仲村、波多野、Lynn、Justen。
故障が公表されていた仲村は開幕に間に合ったようです(結局31分プレイ)が、EricはDNPでした。
僕の予想はガッツリ外れ、ボール運びはNileが殆ど1人で勤め、Nileがベンチに下がっている間はNickがやってました。
私の心配していたボール運びの部分はそれほど激しいプレッシャーをかけられることもなく、NileだろうがNickだろうが特に問題は感じませんでした。

それにしても立ち上がりが悪い!
1stQtr中盤くらいまでエヴェッサのFGが殆ど入らず、逆にレイクスは順調に得点を重ねて、あれよあれよという間に最大14点差?くらいまでつけられる展開。
レイクスブースターが盛り上がる盛り上がる。。。
エヴェッサはQtr終盤に何とか得点を重ねて21-23で1stQtrを終えるのですが、どうにかならないすかね、この立ち上がりの悪さ。

それと試合を通して、どうもオフェンスが重たいですね。
速攻は出ませんし、ハーフコートオフェンスもチームプレイが機能せずオープンが簡単にできないので、外国籍選手の1on1で勝負という、bj-KBLチャンピオンシップの2試合で見たのと同じような状態。
チームアシストがたったの5っていうのがチームオフェンスの状態の悪さを物語っているのではないでしょうか。
で、Lynnがキッチリ決めてくれる(31pts、2PFGが10/14=71.4%)ものの、アウトサイドシュートが全然決まりません。(チームで3PFGが1/16!=6.3%
インサイドでJustenが頑張る(17reb)ものの試合は僅差で進み、81-78でなんとかエヴェッサの勝利。
レイクスのFTがもう少し入っていれば(チームで11/23=47.8%)どうなったことやら。。。

まだチームとしてできあがっていないというところでしょうか。
ディフェンスでもインサイドでレイクスの外国籍選手に結構やられていたと思いますし。
すぐに好転するのは難しいかも知れませんが、練習と試合を通してチームプレイに磨きをかけて欲しいところです。
次戦で何らかの改善を見せて欲しいですね。
あと立ち上がりに点が取れなかったことに関しても、次戦で変化を期待します。
アウトサイドシュートの%は、、、水物だしなぁ。。。まぁ次戦これ以上悪いことはないでしょう。
以下、エヴェッサ各選手戦評。

#

選手名

コメント

34

Eric

DNP。右膝の故障が完治していないのでしょう。次の試合も厳しいのかな?

44

Lynn

31pts、12rebのダブルダブル。良くできました。

1

呉屋

DNP。怪我・コンディション不良がもしかしたらあったのかも知れませんが、次戦はプレイを見たいですね。期待してますから。

7

今野

18分のプレイで4pts、2stl。0astだけどTOも0。ディフェンス&ドライブインと頑張っていた印象。

8

堀川

DNP。

9

仲村

怪我が治ったのか31分のプレイ。但しシュートタッチが悪く、3PFG=0/2、2PFG=0/2で2pts。無理しての出場だったのかもしれないが、早く調子を戻してほしいところ。

10

波多野

10pts、3reb。ミドルレンジのFGも決まっていましたね。

11

Nick

PG~PFまでこなす器用さを発揮。プレイは24分と短いものの、13pts、6reb、2blk。6thマンとして今後も期待できる活躍。但し4TO。

17

早川

DNP。外国籍選手とマッチアップするのは厳しいのかも。

20

Nile

ガッツリFGを外し、3PFGが0/6、2PFGが2/7で9pts。調子悪かろうがもう少し点を取ってほしいところ。けど32分で1TOはPGとして立派。

21

Justen

12pts、17rebのダブルダブル。但し自作自演(?)のオフェンスリバウンドが多かったような。。。



★★★
気づけば500アクセス突破!!
アクセス頂いた方々、どうもありがとうございます。
★★★

bjリーグトラックバック(0)  コメント(0)
2008'10.10.23:57

とうとうbjリーグ08-09開幕:大阪エヴェッサどうなの?

あーあ、阪神ダメでしたね。
まぁここ最近、欲しいところで点が取れませんでしたもんね。
あー残念。
そんなことはさておき、明日10/11(土)よりbjリーグの08-09シーズンが開幕ですね。
開幕戦を見に行くほどの気合いはありませんが、非常に楽しみです。

さて、私の応戦する大阪エヴェッサは今シーズン大幅にメンバーを入れ替えました。
入れ替えの詳細については9/14のエントリをご参照頂きたいところですが、改めて今シーズンのチームについて妄想してみたいと思います。

MattとMikeyが抜けた穴をどう埋めるか。
それが今シーズンの最大の課題だと思います。
1つはオフェンスの立ち上がり、特にボール運びの部分。
もう1つはオフェンスのフィニッシュの部分。

1つ目のオフェンスの立ち上がりですが、プレシーズンマッチの内、私は東部原州プロミとの2戦をTV観戦しましたが、この部分でポロポロとTOが出ていた印象が強いです。
昨シーズンはMatt-Mikeyを中心にしっかりボールを運んだ印象がありますが、その2人が抜けた分、ガード陣がやっぱり弱いのかな、と思います。
(Matt-Mikeyと比較するのは酷ですが。。。
そのことを考えると、3ガードというか、日本人ガード2人にPG~SFまでこなすことになるのであろうNileを加えた3人が出場する時間帯が多くなるのかな、と勝手に思っています。
(そうなると波多野のプレイタイムは昨シーズンまでのようには行かないのかな。。。)
Nile+日本人ガード1人という選択肢もあるでしょうが、その際はTOが心配です。
bjのチーム相手だったらそこまでTOは出ない、ということもあるのかもしれませんが。

2つ目のオフェンスのフィニッシュですが、昨シーズンはMattやMikeyが大事なところでキッチリ決めるイメージが強かったですが、今シーズンは誰が1stオプションとなるのか。
序盤はLynnが中心となるのでしょうが、シーズンが進んで行くにつれ、他の外国籍選手に1stオプションの座が移っていくことになるかもしれません。
まぁ誰がその座に着こうと、決めなければいけない時に決めるだけの決定力があるのか、そしてそのプレイにチームとしてしっかりバックアップできるのか、というところも1つの見所だと思います。

ディフェンスに関しては、昨シーズンまでの流れを踏襲なんでしょう。
こちらに関しては、Jeffの抜けた穴が問われる部分が大きいと思いますが、インサイドのEricとJustenが私には未知数なんで、そこも不安+楽しみです。
Ericに関しては昨シーズンの数字を見るに、リバウンドはチームリーダーなんですが、ブロックが少ないのが気になります。
Justenはチーム合流前のアイルランド代表での試合で出場時間が短かったのが気になります。
単に実力が低いのか、チームにポジションのかぶる能力の高い選手がいるのか、それともコンディションの問題なのか。

開幕2連戦@滋賀は仲村とEricが怪我のため出場できない可能性が高いようです。
エヴェッサはメンバーが11人と少ないので、この時点でベンチメンバーが9人となってしまいます。
そうなるとやりくりが大変ですね。
プロミ第2戦でもそうでしたが、堀川の出場時間が増えるでしょうね。
早川のプレイも見れるのでしょうが、どれだけ活躍できるでしょうか。

あと、今シーズンの勝手な見所。
・波多野のシュートレンジが広がっているのか。プロミとの2戦を見るに。。。
・呉屋とNileが、私の期待通りにアウトサイドシュートを決めてくれるか。
・今野がPGとしての成長を見せてくれるか。特にボールハンドリングの部分で。

だらだらと長くなってしまいましたが以上で。
今シーズンも強いエヴェッサが見れることを祈ります!!

bjリーグトラックバック(0)  コメント(2)
2008'10.10.21:12

ディナモ・モスクワは何をしに来たのか??

予想以上にマスコミに取り上げられることもなく、日本から去って行ってしまったようですが、今週10/6(月)~8(水)の試合の為にディナモ・モスクワ(の勿論、バスケットボールチーム)が来日していたのは、このblogをお読みの方ならご存じでしょう。
問題なくbj浜松・東三河フェニックスをタコ殴りにして帰って行くのかと思いきや、初戦を69-76で落とすという衝撃的な幕開けの後、2戦目と3戦目は94-82(一時は30点くらいのリードだったそう)、88-58でフェニックスをしばき倒してくれたようです。

試合の詳細はについては、私は見に行ったわけでもないのでMahmoudさんのblog『Mahmoud』や、Shu-Kさんのblog『20セカンドタイムアウト、とりませんか?』、あんどうたかおさんの『あんたかブログ』、そして情報量は少ない(!?)ですが浜松・東三河フェニックスブログなどをご覧下さい。

それにしても、ですが、文頭にも書きましたが、余りにもマスコミが取り上げませんね!
(リーグの営業努力が足らないんじゃないの?って思うのはバスケファンの私だけ??)
百歩譲って、まぁそれは仕方がないにしても、bjリーグ公式サイトでもプレシーズンゲームの1つとして最終スコアを出すのみで、他に何の情報も出てこないし、フェニックスの公式サイトでもわずかに情報が出てくるのみ!!
ボックススコアや解説くらいupしてくれてもいいのに。。。
MahmoudさんやShu-Kさん達のblogの方が、よっぽど情報量大です。

わざわざモスクワからNBA経験者やロシア・リトアニア代表選手で構成された素晴らしいチームが(しかも1stチームで)、バスケ後進国である日本に来てくれたというのに、これじゃ余りに酷すぎる。
こんなんじゃ、もうヨーロッパの強いチームは2度と日本に来てくれないよ。
9/7のエントリで、来年・再来年のプレシーズンゲームが楽しみって書きましたが、今回のbjの姿勢を見てると逆に非常に心配になってきました。

。。。まぁけど期待しすぎなのかな。
ディナモ・モスクワなんて強豪を連れてきただけでもbjリーグを褒めてあげるべきか。。。
まぁ、今後もbjを見守っていきましょう。
けどこの情報量じゃ結局、ディナモがなんでわざわざ日本に来たのかわからず終いです。

bjリーグトラックバック(0)  コメント(6)
2008'10.07.22:09

今シーズンのbjtv。

bjtvサイトにてアナウンスがありました。
昨シーズンは無料で見れたLIVE配信が、今シーズンは有料になりました。
しかもシーズンパックで¥9,975!
昨シーズンの倍以上です。
その他、変更点を簡単にまとめました。

 

06-07

07-08

08-09

録画配信

¥250/1試合
¥6,000/シーズン※2

¥840/1ヶ月
¥4,500/シーズン

¥1,995/1ヶ月
¥9,975/シーズン※1

試合速報
(play by play)

無料

無料

LIVE配信

¥350/1試合

無料
(但し会員登録要)

¥1,995/1ヶ月
¥9,975/シーズン※1

※1:マンスリーパックもしくはシーズンパック購入で、LIVE、録画共に見放題ということ。
※2:但し選択した1チームの出場する試合に限って視聴可能。

昨シーズンのLIVE配信が無料で視聴可能っていうのは相当に画期的で素晴らしいと思っていたのですが。。。
相当にショックです。

画質向上というのがせめてもの救いでしょうか。
まぁ1度見てみないと評価のしようがありませんが。
とはいえ、結局のところ私はシーズンパック購入で決まりかな。


<08/10/8 20:45追記>

開幕キャンペーンってことで、10/24(金)までLIVE・録画配信ともに無料で視聴可能だそうです。(但し会員登録は必要。)
そして10月いっぱいまでに申し込みを済ませば、料金が1割程度安くなるそうです。
こりゃ無料視聴を満喫してから申し込み検討ですね。

あと新生bjリーグ公式サイトの試合日程表によると、今年もBSフジでの放送が少ないながらもあるようです。
しかし残念ながら、現段階でエヴェッサの試合の放送は予定されていません。

bjリーグトラックバック(0)  コメント(0)
2008'10.06.23:31

bjリーグ:外国籍選手の出場制限の話。

とうとうこんな話がsportnaviの記事にて出てきました。

外国籍選手の出場制限 bjリーグがルール変更
『バスケットボール男子のbjリーグは、11日に開幕する2008-09年シーズンから、日本選手のプレー機会を増やすために外国籍選手の出場に制限を設けると6日、発表した。
 アジア地域を除く外国籍選手はコートで同時に3人まで、アジア地域を含めた外国籍選手は同時に4人までに制限する。これにより日本国籍の選手が少なくとも1人はコートに立つ。』

最近、Jリーグでもアジア人枠なんてものが議論されてましたが、Jリーグだと韓国籍の選手が増えそうなイメージですが、bjだとどこの国の人が活躍することになるのでしょうか。

結局のところ、優秀なアジア地域の選手獲得のルートが確立してしまえば、日本人オンザコート1ってことになりそうな気もしますが。
そういう風に考えると、日本人選手のプレータイムを増やす効果が出るとは限らないのかもしれません。
日本人オンザコート0を阻止するのが真の目的ということなんでしょう。


★★★
昨日、200アクセス突破しました。
アクセス頂いた方々、どうもありがとうございます。
★★★

bjリーグトラックバック(0)  コメント(0)
2008'10.04.20:04

いろいろ。

■bjtvの08-09シーズンパック販売
まだ新シーズンの販売(予約?)が始まりませんね。
サイトを見ても何の音沙汰もありません。
しかし昨日upされたbjtvからのお知らせによると、10/8にサイトリニューアルがあるのとこと。
リニューアルに伴って何かアナウンスがあるものと(勝手に)期待しております。


大阪エヴェッサ公式サイトリニューアル
こっちはいつの間にかリニューアルされています。
全体的に格好良く&見やすくなったな、という感じです。
あとサイトを開くのが軽くなった気が。
ロースターのところで個人スタッツが細かく見れるのはいいのですが、一覧表(名前、ポジション、身長、体重、出身校とか)がなくなったのが残念。
あと過去のシーズンのスタッツ一覧のところで出場試合数欄が増えたのが◎。(確か前までなかった。)


■バスケのTV放送
スカイAやGAORAのような有料放送を除いて、全然ありませんね。
期待のNHKもスポーツオンラインで調べる限り、11月のNBAマガジンを除いて、放送予定が出てきません。
どーなってることやら。。。


■Number10/16発売714号に期待
宮地陽子さんのblogによると、Number次号向けにリンク栃木ブレックス&田臥選手関連の記事を書いているとのこと。
最近のNumberはバスケ特集がないのが寂しいですが、ちょっと楽しみですね。


■bjプレシーズンゲーム:大阪エヴェッサ@(?)高松ファイブアローズ
昨日10/3(金)に岡山にて開催されたこの試合、1点差にてエヴェッサの勝利だったようです。
やはり仲村&Ericが欠場とのこと。
エヴェッサは1stQtrに若干のリードを得たものの、2ndに詰められて、そのまま終盤まで僅差のゲームだったようです。
よそのblogを読んでると終盤締まらないオフェンスが続いたようで、その辺りが気になります。

プレシーズンマッチを通して(プロミとの2試合をTV観戦したのみですが、)感じたことですが、今シーズンよりメンバーが大幅に入れ替わり、結局のところガードのMattとMikeyが抜けたところの影響がが大きく出ているのかな、という気がします。
しかしまぁまだ今のメンバーで練習し始めたばかりですし、今後改善されていくところなのでしょう、と楽観的に思っています。

バスケ全般トラックバック(0)  コメント(0)
2008'10.03.23:12

すごいぞ、WJBL!(のサイト)

本日、WJBLも開幕しましたね。
結果はJOMO77-62富士通で、JOMOの勝利。

ボックススコアだけ見てると、JOMOのFG%が高確率でシュートを決めているのに対し、富士通はお家芸の3Pが全然決まらなかったよう。
JOMOのディフェンスが良かったのか、富士通のチームないし個人のオフェンスが良くなかったのかは数字だけではよくわかりませんが、おそらくはJOMOのディフェンスが良かったのでしょう。
リバウンドの数字を比較するに、インサイドではJOMOが勝っていたのでしょうから、これでFG%(というか成功数)で勝てないと、当然のことながら富士通は辛いですよね。

ところで、ですね、この試合結果のページなんですが、ボックススコアの各選手名のところがクリッカブル。
で、クリックしてみると各選手の個人スタッツが。。。
こりゃすごい!
NBA.comやEPSNのサイトほどの情報量はないにしても、基本的な数字は押さえてあって、過去のシーズンの数字も見れる。
「得点力」「アシスト」「リバウンド」「スティール」「ブロック」の5要素で選手を表すグラフまで。

bjの頁も個人スタッツは見れましたが、確かシーズン中の数字しか見れませんし、JBLに至っては個人スタッツすら見れません。(代表的な数字のTop10はありますが。)
bjだけでなくJBLもこういういいところはキッチリ真似して実施して欲しいものです。

WJBLトラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © hige日記。. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。